ディーラーも中古車販売を行っている

特定の自動車メーカーと特約店契約を結んだ自動車販売店は、一般的にディーラーと呼ばれますが、大半のディーラーでは、新車と中古車を取り扱っているケースがほとんどです。ディーラーは、特定のメーカーから提供される自動車の販売及び、メンテナンスを主な目的としています。しかし、販売している自動車の範囲は幅広く、新車だけではなく、特定の条件を満たした中古車等も取り扱っています。具体的には、メーカーが展示品として製造した自動車や、新車の買い替え時に下取りされた自動車が、ディーラーで取り扱う中古車に該当します。

特約店契約を結んだメーカー以外の自動車は取り扱っていない一方で、走行距離が少なく、メンテナンスがしっかりとした自動車が多いという特徴があります。

値段よりも自動車としての性能の高さを重視

中古車ディーラーが取り使う自動車は、一般的な中古車専門販売店が取り扱う自動車よりも、状態が良い自動車を多く揃えている点です。ディーラーでの展示を目的として製造された自動車、いわゆる新古車が多いため、新車よりも割安で購入できる点も、消費者にとっては大きなメリットと言えます。加えて、販売店が特約店契約を結んでいる関係上、メーカー独自の保証付きで販売される他、購入後もディーラーならではの高品質なメンテナンスを受けられます。

ただし、一般的な中古車専門販売店の自動車を購入するよりも、値段は多少高くなってしまう点が、唯一のデメリットです。特定のメーカーの自動車を希望し、なおかつ購入後の故障リスクが少ない自動車を選ぶ人にとっては、中古車ディーラーが最適な選択肢と言えます。