車のコンディションがまちまち

中古車販売店で車を購入するデメリットとして、販売されている車のコンディションが均一でないことが挙げられます。新車で購入する場合は別ですが、中古車は同じ車でも前のオーナーがどのように乗っていたかによってコンディションが大きく異なるものです。例えば、同じ車種で走行距離も近い車であっても、定期的にメンテナンスを行っていた車Aとまったく手入れをしてこなかった車Bではコンディションに大きな差が生まれます。もちろん、コンディションで比較すれば車Aの方が良好であることは言わずもがなです。こういったコンディションによる違いは、パッと見ただけではわからないことが多く、中古車を購入する際のデメリットであると言えます。

購入後のサポートが少ない

もう一つの中古車販売店のデメリットとして、車を購入した後のサポートが新車購入に比べて少ないことがあります。新車の場合、万一に故障した時でも新車保障によって部品の交換や修理を無料で受けられることが多いのですが、中古車の場合は保証期間が少なくなっていたり、そもそも保証が切れてしまっていることもあるため、有償での修理になってしまいがちです。せっかく安く購入できたのに思いのほか修理費がかかってしまい、結局は新車で買った方がお得だったなんてことは嫌ですよね。最近では、中古車でも販売店が独自に保証制度を設けるケースも増えてきましたが、それでも新車購入時に比べるとサポートの体制が整っていないのが現状のようです。