中古車販売店に比べて高い

ディーラーで販売されている中古車は、品質管理が徹底され、アフターサービスも充実しています。高品質な中古車を購入でき、保証制度もあることから、一般的な中古車販売店に比べて価格が高い傾向にあります。また、自動車メーカー側が価格制限をしていることもあり、値引きされにくい点も特徴的です。中古車販売店であれば、ディーラーで取り扱っているモデルであっても、数十万円の価格差が出ることも珍しくありません。値引き交渉によって、さらに安く買うことも可能になる場合も多いため、コストパフォーマンを求める人には嬉しいサービスです。とにかく安い中古車が欲しい人にとっては、ディーラーでの購入は向いていません。中古車を買うときには、価格・品質・アフターサービスのバランスを見極めることも重要です。

選択できる車種が少ない

ディーラーは、基本的に同じメーカーの車しか扱っていません。一店舗のみでさまざまな車種を比べることができないため、車の選択肢が少ないのです。ごくまれに下取りに出された他社のメーカー車を販売していることはありますが数は少ないです。また、ディーラーは新車をメインとしている販売店が多く、中古車の在庫がないこともあります。特定のメーカーにこだわりのある人であれば、ディーラーでの車選びは最適です。ディーラーで複数のメーカーから中古車を選びたいときには、複数のディーラー系販売店を何件も渡り歩く必要があります。一度に複数の中古車を見たいときには、一般の中古車販売店に行った方が無難です。選択できる車種が少ないことも、ディーラーで中古車を買うデメリットのうちの一つです。